~ ごあいさつ ~

< ご訪問いただきありがとうございます! >
こちらはFC町田ゼルビアの運営・設置に関わるボランティアスタッフ(通称:ゼルボラ)によるチーム非公式ブログです。
ゼルボラの活動内容・状況をお伝えしていけばれなと思っています。

<ゼルボラ募集!>
FC町田ゼルビアの試合やイベント時に、ボランティアスタッフとして一緒に活動して頂ける仲間を募集しています!
詳しくはこちらから!

ホーム 記事一覧

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

きれいごとばかりでは無いのは分かっているけど

2010年04月15日

11日の試合は陽気も良く、桜の花が見ごろであったため野津田公園には普段より多くの利用者が遊びにきていました。

駐車場もゼルビアの試合の観客数の割には早くから満車になっていたと聞いております。

野津田公園はサッカーを観戦するだけの場所ではなく、多くの市民の憩いの場であり、スポーツを楽しむ場所でもあるわけで、その一般利用者の方々とうまく共存していかなければ市民球団としての繁栄はありえない・・・

それは分かってはいるんですが・・・今回あまりにも、この一般利用者の方々による場外からのタダ見が多くて本当にヘコみました(-_-;)

一度でも来たことがある方なら、どなたもご存じのように野津田競技場は構造上、どうしても外からグラウンドが丸見えになる場所があるのです。

収益や動員数にかかわるのも痛いのですが、私は有料のお客様達が気分を害するのが一番怖いです。

警備担当のボラが何度か注意(と言うよりもお願い)には行ってみたものの、ほとんど焼け石に水の状態だったようです。

私も以前、あまりにもタダ見客が多い時は「有料試合なのでご遠慮願います」のアナウンスをトラメガでしに行ったことが何度かありますが、これがなかなか難しいのです。

人気商売ですから一般利用者との軋轢は作りたくありませんので、やんわりと紳士的に話しているつもりでも、人によっては逆ギレしてしまう方もいます。

「こんな丸見えの所でやってるのが悪いんだろ」と開き直られたこともあります。

ボランティアの立場で対策をどうこう言っても仕方ないのですが、頻繁にお願いに回るしかないのか?それとも注意看板貼りに行こうか?
など、あれこれと考えてtwitterに愚痴っぽくつぶやきを入れていました。

そんな私のつぶやきにフォロワーさんから下記の内容のリツイートがありました。


いつもボラありがとうございます。
その口惜しさ私には理解出来ていないと思いますが、ゼルビアに関心があるが故の立ち見なら、いい試合が続けばいつか場内へって思います。
我々の夢への一番の障害は無関心なのかと。
生意気言ってすいません。

(ご本人に了解をいただき引用しました)


確かにそうでした。一瞥もされないで皆がさっさと立ち去ってしまう方がショックかもしれません。

告知活動として各イベントで出店したり、チラシを配ったりしていて、いつも思い知らされるのは、町田市内でもゼルビアに興味のある方ばかりじゃない、ということです。

むしろ名前は知ってても、特に気にも留めていない方のほうがまだ圧倒的に多いのです。
道行く人に立ち止まってもらう難しさを今まで嫌というほど味わってきていたはずです。

それが自分から長時間立ち止まってくれているのですから、営業に行かないのは損であることに気付きました。

排除することばかり私は考えていたんですが、タダ見客を有料客に引き入れられる可能性は充分あるわけですね。


次回からチラシをもってタダ見エリアに勧誘に行ってみようと思います。

立ち止まっている人に、まずはゼルビアのチームの紹介をしようかと思います。
2011年にJに昇格を目指していること、JFLで首位を争っていること、あの相馬直樹が監督を務めていること。

できればイヤーブックを持って行って魅力ある選手の紹介もしたい。

そのうえでチケットの購入を勧めてみようかと思います。

当日または後日に、有料で入場いただける方が数人でもいれば効率のよい勧誘と言える気がします。

ただし、公然とタダ見を認めるわけにはいきませんので、タダ見エリアからの移動はお願いし続けていきます。

頭ごなしに退去を求めるよりは効果があるように思いますが、どうでしょうか?



もっとも試合中に勧誘に行く時間的な余裕が取れるかどうかが問題ですが(^_^;)





中年ゼット君 コメント: 8 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

タダ見客の問題

そうですね。関係者としてはお金を払って観戦している人との公平さの問題で納得がいかないのは充分すぎるほどわかります。しかし、ほかの方もおっしゃっていたとおり、関心の無いことに足を止めることがないことは自分自身に置き換えて見ればわかると思います。
 このタダ見の方が自宅に帰って、また職場等でゼルビアのことを話すかも知れません。その結果新たなファンになるかも
知れません。ゼルビアにとって今一番必要なことは知名度アップです。その意味から言えば外部広報担当としてタダ見も先行投資と言えるかも知れません。今必要なことは防止できない競技場構造なので、注意して軋轢を生むより逆手にとって、ゼルビスタ加入告知パンフレットなどを配布し勧誘するほうが得策と思いますが・・・。頑張ってください。

2010年04月16日 09:07 | URL | ゼルビアフリーク | 編集

ゼルビアフリークさんへ

いつもコメントありがとうございます。
次のホーム試合では時間を作って、チラシを配り勧誘してみたいと思います。

2010年04月16日 17:13 | URL | 中年ゼット君 | 編集

これについては私のブログに書くつもりですが、公然とただ見することに、法律的な問題はないはずです。

つまり、公共の通路から見えるようにしているのが悪いので、「公然とただ見することを許さない」法的根拠はないはず。

ただし通路ですから、「立ち止まるな」は、公園として指導することは出来るでしょうが、「見るな」は、裁判になるとまけるのではないかと思います。

2010年04月16日 19:17 | URL | abiko | 編集

難しいですね

安孫子先生、こんにちは。
いつもブログや写真を楽しく拝見させていただいております。

確かに仰る通りだと思います。
私の
>公然とタダ見を認めるわけにはいきませんので
という記事の文言は法的には間違った表現なのかもしれませんね。

ただ少なくとも、フェンスによじ登ったり、明らかに公園利用者に迷惑な行為を起こさない限りは「やめてください」とは言えないのは認識しております(もっとも、それは公園管理者の仕事なのでしょうが)。

我々は「ご遠慮願えませんでしょうか」と懇願の形をとるようにしてきたつもりです。
それでも頑として居座る方については、それ以上何もできないのが現状です。

そしてその懇願の仕方にも問題があることに気付き、今後は勧誘やアピールも兼ねていきたいと思います。

2010年04月16日 20:14 | URL | 中年ゼット君 | 編集

只見のお客さんを止めることが出来無いように、
只見のお客さんを止めようとする人を止めることが出来無いのもわかっております。

が、手間多くして、集客は少なく、トラブルの原因となるようなことは、それくらいなら仮設柵の設置に労力を方向けた方が良いかと思っております。

何百人の集客になるならともかく、せいぜい何人でしょう。万が一トラブルになり、新聞沙汰にでもなれば、それが理由で今年の昇格は断念と言うこともあり得ます。

メリットとデメリットをテンピンにかければ、物理的にみれなくする努力に傾注する方が、遙かによろしいかと思っております。

2010年04月16日 23:45 | URL | abiko | 編集

難題ですな……

あの席が見やすいのであれば、いっそのこと有料席に!なんて考えながらいつも声を掛けています。
ペットOKの席っていうのも、面白いですよね。
本日の入場者数は、3500人 + 12匹です!みたいな……。

2010年04月17日 09:47 | URL | nomo-nomo | 編集

なるほど

「有料ペット同伴立ち見席」と看板立てときますか(^.^)

2010年04月17日 10:58 | URL | 中年ゼット君 | 編集

公園の了解が取れれば、有料ペット同伴立ち見席は良いアイデアですね。

100円くらいでお願いします(爆)

安いと、5分くらいでも見ていくかという人もいるでしょうし、数を稼ぐにはgoodかも。

2010年04月17日 11:31 | URL | abiko | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://zelviavolunteer.blog76.fc2.com/tb.php/69-ed7162e6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム 記事一覧

町田ゼルビアを支える会

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。