~ ごあいさつ ~

< ご訪問いただきありがとうございます! >
こちらはFC町田ゼルビアの運営・設置に関わるボランティアスタッフ(通称:ゼルボラ)によるチーム非公式ブログです。
ゼルボラの活動内容・状況をお伝えしていけばれなと思っています。

<ゼルボラ募集!>
FC町田ゼルビアの試合やイベント時に、ボランティアスタッフとして一緒に活動して頂ける仲間を募集しています!
詳しくはこちらから!

ホーム 記事一覧

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

10月3日ホンダロック戦

2009年10月07日

あの~他のゼルボラのみなさん、順番は決めないので書きたい方が記事を書いてください。
全体を管理するのは面倒なので、自由にしています。
とりあえず今回も私「中年ゼット君」がアップいたします。
まったく試合を見ていないので非観戦記です。

マッチディ
プログラムが、みなさんお気づきのように、対戦相手が前回の「琉球」のままになっていました。
(内容はホンダロックのことを書いてありましたが)

最初に間違いに気付いたのはカメラマンの安孫子先生でした。
その時点で開門数分前でしたので、どうすることもできずそのまま配布させていただきました。
楽しみにしていたサポーターの皆さま、申し訳ありませんでした。

安孫子先生、ブログで担当者を責めてやってください(やんわりと)(ー_ー)!!

倍増計画
私は試合前の設営と試合中はゲートを担当させていただいています。

先日の記事では、男性の人数に余裕があるようなことを書きましたが、結果的にそうでもありませんでした。

後期に入ってから鶴川からのシャトルバス担当に男手を取られていて、しかも今回はベテランのKさん、Oさんが仕事の関係で欠席であったため苦戦を強いられてしまいました。

今回はプルデンシャル生命保険会社さんが企業をあげて、お手伝いにきていただいたおかげで助かりましたが、それでも開門時間までに設営が本当にギリギリでした。

実は前回(琉球戦)は間に合いませんでした。

それほどスキルを必要とする業務ではないのかもしれませんが、それでもベテランのゼルボラが1人でも欠席になると、途端に運営が苦しくなるのが今のゼルビアの現状です。

ネガティブなことを書いてしまって申し訳無いと思いますが、ボランティアの人手不足の解消もゼルビアがJリーグに上がるための関門の一つであると思っています。

Jリーグに上がれば業者に委託する業務もあるでしょうが、JFLの現在よりも格段に仕事量も増えるはずで、今後は観客数だけではなくボランティアの倍増計画も必要なのです。

仲間を
上でさも問題提起みたいに書いておいてなんですが、来年のためにも今のうちにボランティアをやってみませんか?
とりあえず、試合の前後の設営と撤去のお手伝いをしていただける方を求めています。
もちろん中抜けで試合観戦もできますよ(^J^)
応募はこちらから。
募集要項には「原則として試合観戦はできません」とありますが、試合前後だけのお手伝いなら観戦はできます。



中年ゼット君 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

中抜けする場合はもちろん試合のチケットは必要ですよね?

2009年10月07日 08:41 | URL | Webmaster | 編集

Webmasterさん

ご指摘ありがとうございます。
中抜けする場合は、ボランティアに貸与している通行証は一時返却していただくので、お固いことを言うようですが入場の際はチケットは必要になります。

以前からボランティアには芝生席招待券を配布してもよいのでは?との意見もありますが、今のところ実現はしていません。

2009年10月07日 20:59 | URL | 中年ゼット君 | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://zelviavolunteer.blog76.fc2.com/tb.php/20-c5bad24c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム 記事一覧

町田ゼルビアを支える会

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスカウンター

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。